以前に妊娠中に食べると良くないものというものを紹介しましたが
食べて良い物とはどういったものでしょうか。

 

まず一つは、食べていいものは何なのか?と考えると
食べて良くないものとしてピックアップした物意外であれば
それはそれで一つとしてアリだと思います。

<ダメな食べ物って?>

 

 

そのあたりを注意していれば、あとは問題ないと見ています。

あまり、あれも良くないこれも良くないと、一つ一つ判断して神経質になっていると、それ自体がストレスになってしまいます。
もちろんそういったストレスが溜まった状態というのは、母体にとっては良くない状態です。

 

だからといって、あれもこれもとなんでも手をつけたりせずに、食べれる量は食べれるだけにして、なるべくお腹に残っている、持ちのいいものがオススメなんです。

妊娠初期に食べると良いおすすめの食べ物が判明。

 

こんにゃくゼリーとか、こんにゃく系のオヤツなんかは、お腹の持ちが良くておすすめです。
これは間食にも良いとされているので、あぁちょっと小腹がすいたなぁなんてときは特にいいですね。

 

 

 

妊婦さんのための食事バランスガイドというものが、
厚生労働省から発表されています。

 

これはこれで参考になるので、一度見てみるとよいでしょう。
妊婦さんが食べていい、おすすめの食材を5種類に分類してそれぞれオススメなものを紹介しています。

 

ここでも書かれていることなのですが、偏った食事というものは絶対に避けるべきです。
そこは、バランスよくたべましょう。

副菜で野菜を十分に摂ることも忘れずに。

つわりの時の食べ物

 

こういったものをしっかり摂ろうとすると、
量的にとても食べれない、無理だなぁなんて時もあると思います。

そういった時は無理して食べずに、サプリなどで補助するのも一つです。