4cad10e884e7ad871bf0c0066be18bc9_s

 

妊婦さんは、お寿司屋さんに行って、お寿司や、刺し身などのナマモノは食べていい?

 

これはやめておいたほうがいいです。

 

 

生まれてくる赤ちゃんの為を思うと我慢できますよね?
待ちに待った赤ちゃんにしっかりと、元気に産まれてきてくれることを願うのであればなおさらです。

 

 

自分への甘えによって、取り返しの付かないことになるような可能性は、極力ゼロにしましょう。

食べたいものは産後にとっておくように。

 

 

これは、食中毒になる可能性があるから、ということで
「ナマモノを食べるのをやめておいたほうがいい」といわれています。

 

 

「今まで食中毒になんてなったことないから大丈夫」

 

なんて思っているかもしれませんが、
妊婦さんになると、抵抗力が下がります。

普通の妊娠していない時に比べると、がくんと落ちています。

 

炙りは?

c2880c3eb29675f30d6e9bba7409ac1f_s

これが炙りだったらいいのか?炙りサーモンとか。
ということもあるのですが、これもやめておいたほうがいいでしょう。

 

本来であればOK!という返事が欲しいのですが、
可能性としてはゼロになるわけではないですし。

 

炙りというのは完全に焼いた状態なわけではなくて、あれは半分生に近いようなものなので、生じゃなくなったってわけじゃないと個人的には思っています。お店にもよるのですが、炙り用のネタは、別に準備しているのであれば、それは新鮮なものなのかどうなのか、とぃう確認をとってもいいと思います。妊婦さんでも大丈夫ですかね?って聞くのもいいと思いますが、お店側の人は、さすがに答えにくいと思います。

 

また、炙ったことによって細菌類が死んでしまうのか?というとこれもなんとも言えません。

 

ということで、基本お寿司屋さんに行って食事するのは、やめておいたほうがいいでしょう、という感じですが、あまりにも神経質になりすぎるのも、ということで少しだけならいいんじゃないでしょうか。何を食べるかにもよりますが。

ガリだけってのもなんだか寂しいですよね。

どうしても食べたいということであれば、鮮度のいいものを扱っているお店を選ぶことです。そして、あまりお腹いっぱいになるまで食べずに、程々にしておきましょう。持ち帰りなどは、特に注意する必要があります。

 

 

先程も書きましたが、細菌に対しての抵抗力というのは
妊娠したことによって落ちているんですね。
なんてことはない、と思って食べていたお寿司で食中毒にかかる
可能性というのは上がっているわけです。この辺は忘れないようにしましょう。

 

嘔吐、下痢などの症状がひどくなってしまうとなると、お腹の中の赤ちゃんの発達に遅れが出てし合うなんて可能性もあるんです。

食中毒の中で、リステリア菌への感染によるものだとすると、胎児編の感染や、赤ちゃんへのリスク増加が考えられると厚生労働省が発表しています。

 

食中毒になると…

食中毒になってしまうとなると、まず母体である、あなたの体調が絶不調になりますよ。

食べれるものも食べれなくなったりして、赤ちゃんに必要な栄養が届きにくくなると考えられませんか?

 

あとは食中毒のための薬が、妊娠時に飲んでいいものかどうか、となると赤ちゃんへのリスクはゼロではないと思います。

 

奇形児ができてしまう可能性だってあるんです。

 

流産経験はやはり悲しいことですし、経験はしないにこしたことはありません。

ナマモノは、貝系も含まれます。もちろん。

妊婦がナマモノを食べることについて

 

 

栄養バランスを考えて食べていくには、いろいろと食べなければいけません。

今日はアスパラ、明日はほうれん草など、一日に必要な摂取量を満たすためには

到底食べきれないなんてこともありえます。

そんな時はサプリメントで補助する、ということがいいと思います。これは厚生労働省もオススメしているんですね。中でも葉酸サプリがオススメですよ。

私が飲んでいたサプリはララリパブリックというもので、後藤真希さんも飲んでいました。

→ ララリパブリックを飲んでみて