妊娠初期の食べ物で注意するべきものってなんでしょう?

うなぎ、コーヒー、紅茶などのカフェイン
インスタント食品、塩分の多いもの。

そして絶対にダメなものが
ビールやお酒などのアルコールと、タバコ。
タバコは飲食物ではないですが。

まずウナギ。
これにはビタミンAたっぷり含まれています。
このビタミンAというものは妊婦さんには良くないんです。

ちょっとくらいならいいんでyそうが、
摂り過ぎはよくないです。
これは奇形が産まれる確率が若干高まるとも言われています。

ビタミンAには2種類あって、ダメな方と良いほうがあるんですね。
良い方というのは聞いたことあると思うのですが、
人参とかに含まれている植物性のビタミンA「βカロチン」です。

そして、もう一つのほうが動物性のビタミンA「レチノール」といいます。
とっちゃダメなのは、こちらのレチノールなんです。

レチノールは、動物性由来のものとあって、水に溶けにくいんですね。
逆に油に溶けやすい、ということで、これが身体に蓄積されてしまうんです。
これが原因で、奇形児が産まれる可能性にも結びついてくると危険視されているわけなんですね。

厚生労働省では、妊婦さんはベータカロチンの方のビタミンAをより多く摂取しなさい、
と勧告しています。

このベータカロチンなら良いのか、ということですが
人間の体には良いんです。

レチノールに比べて水に溶けやすいく、
大概へと排出されやすいんですね。
ということは必要な栄養だけ身体の中に取り入れて、
他の余分なものは、ちゃんと体の外へと出て行くわけです。

絶対にダメ、というわけではないのですが、
どうしても食べたいようであれば、2週間に1回とか
そういう制限にしておきましょう。

ちゃんと記録しておいたほうがいいですよ。

その他の飲食物に関しては、
また別の記事で書いていきます。
(更新予定)

奇形児が生まれてくるかもしれないというリスクを減らすには
葉酸サプリの摂取は欠かせません。

しかし、細菌の葉酸サプリってそれだけじゃないんですね…