妊娠中に食べるもので、赤ちゃんに影響はありますか?
食べ物によって、赤ちゃんの性格などは変わっていくものなのでしょうか。

面白い研究がされていて、妊娠中に食べるものによって、IQに影響が出てくるかもしれない、とされています。

それは、肉か魚か、というだけなんですね。
妊娠中に、お肉を主に食べていた場合、お魚中心に食べていた母親から生まれた子供よりも若干IQが劣る、という結果がでているんですね。まぁ参考にもならない程度なので、単なる説として扱います。

普通に考えると、そういった偏食をするよりも、できるだけバランスの良い食べ物を食べましょう。
なので、わりと魚多めに食べましょう、ということではなくて、ですね。

しばらくお肉をたくさん食べたから、お魚も食べなきゃね、ということです。

しっかりとしたバランスを心がけて、赤ちゃんへのリスクを考えるのならば、葉酸がいいです。葉酸サプリ。葉酸は、産婦人科のお医者さんからもオススメされていると思います。しかし、なかなか野菜から思ったほどの葉酸が取れてないのが現実。しっかりとした葉酸を摂取を目指すのであれば、葉酸サプリで摂ることをオススメします。

厚生労働省でも、葉酸の摂取を勧告しています。推奨は、1日400マイクログラム。これは葉酸サプリでは簡単に補うことが可能なんですね。体調が悪くどうしても食べることができない場合は、こういった葉酸サプリで補う、という方法がオススメです。

わりと細めな人の場合は、注意が必要です。赤ちゃんのリスクには、低出生体重児が生まれる確率が比較的高いんですね。そういったリスクを回避するためにも、葉酸を始めとした栄養補給は欠かせないものだと思っています。