妊娠中での食べ物にいろいろと不安をおぼえてしまいます。
言ったいどうしたらこの不安は拭えるんだろうって思いますけど。

 

母親の食べ物というのは、赤ちゃんに影響を及ぼします。食べていいものダメなものを把握し、しッかりとしたよしていければ特に問題はありません。

 

まず、切り分けると、量的に不安ということと、質的にどうかな、ということがあります。まず量的な不安というのは、なんでもかんでもたくさん食べてしまうということ。これは食が細い人は大丈夫だと思うのですが…いまいち標準体重とかよくわからなくなってしまいますからね。まだ、食べれルワ、なんて思わないようにしたいところです。なんでたくさん食べるかというと、赤ちゃんのために、ということでたくさん食べなきゃいけない、という使命感というものがあります。あとはそれを口実として沢山食べたい、という願望からですね。これはこれで注意しておくようにしましょう。私もラーメンは我慢しました。塩分もありますしね。
ラーメンが好きなのですが、屋台、カップラーメンどっちも好きなんです。カップヌードルとかけっこう食べてましたね。シーフード味が良かったです。中でも。まぁこんなこと書いているとだんだん食べたくなってきてしまうでしょうからこの辺にしておきますが、じっさいに食べるのは、産まれてから考えましょうか。母乳が終わってからがちょうどいいと思います。それまで、可愛い赤ちゃんのために我慢ですね。

 

あとは体のため、赤ちゃんの為を思うのでされば、野菜を食べましょう。中でも色の濃いものがいいです。特に苦手なものはなかったのかもしれませんが、緑黄色野菜の割合を増やして食べていくといいでしょう。

 

お腹が大きくなったり、悪阻がひどくなったりすると、だんだん出かけれなくなってくるなんて時もあります。そんな時はどうやって野菜を買うのがいいのか、ということを考えておく必要もあるかと思います。もちろん旦那さんに協力してもらうのも一つです。あとは野菜宅配なんてのもアリだと思いませんか。

野菜セットお試し可能
4週間は全商品配送料無料!


不安の要素っていうのは人によって違ってきますし、その時の状態にもよるんですね。なので、万能的なものってのは、個人的にはやっぱり野菜なんじゃないかと。緑黄色野菜です。それでもどうしても食べれないやってことになると、葉酸サプリでそれらを補っていくなんてのがベターなんじゃないかと考えています。