N612_makkanakimuchi_TP_V

妊娠中に辛いものって食べていいものなんですかね。

 

これって特別辛いものが好きなわけじゃないんですけど、たまに食べる機会があるんですよね。
旦那さんが好きだったりすると、食卓にキムチが並ぶときもあるわけで。そんな時妊婦さんは辛いものって食べていいのかなって思う人、少なからずいると思うんです。実際に私もそうでしたし。

実は、妊婦さんは辛いものを食べることはできるだけやめたおいたほうが良いんですね。

 

 

あなたの性格は辛口なのにね、なんて言われたことはあるんですが、妊婦さんになったら、甘口、というか辛口を食べないようにしたほうがいいんです。

 

何かと我慢の多い妊婦さんですが、これは子供が産まれてから、ということで、それまで我慢しておきましょう。辛いラーメンとか担々麺とかその辺は我慢しておきましょうね。

 

インドのスパイシーカレーだとか、カプサイシンの入った香辛料とかは新陳代謝を良くするとか、血行を促進するとかでいいんじゃないの?って思ってましたけどね。どうなんだろうって。

 

これって辛いものというよりも塩分がよくないんですね。塩分を摂り過ぎると、高血圧になってしまって、高血圧の赤ちゃんが生まれてくる可能性が充分に高くなってしまうということです。
なんだかいきなりハンデキャップみたいな感じですけど、高血圧はよくないです。いろいろと健康面でリスキーです。→ 妊娠高血圧症候群の予防はどうすればいい?

 

かかりつけの産婦人科の先生にも、おそらく言われていたかと思うのですが、極力塩分のとりすぎには注意しましょう。母体であるお母さん側では妊娠中毒症というものにかかるリスクが増えます。妊娠中毒症になると、合併症で他の病気にもかかってしまう可能性もあります。

 

あと、辛いものを食べ過ぎると、胃もたれや胸焼けがおきてしまう可能性もあります。胃もたれはちょっと避けてほしいです。胃もたれから、栄養不足に陥ったり、体調不良、下痢なんかもありえます。胸焼けは胸焼けで気持ち悪くなりますからね。そこからつわりになんてなってしまわないようにしたいところです。

 

カレーライスとか、わりと辛めでも平気だったかもしれませんが、ちょっと我慢しましょうか。
ということで、辛いものは、赤ちゃんが産まれてからにしましょう。

赤ちゃんのリスクを抑えるためには…