妊娠初期の食事での栄養は、胎盤がつくられていないので、食べた栄養はそのまま直通で赤ちゃんに届いてしまうんでしょうか。

ちゃんと赤ちゃんに栄養が届くのかどうか、ということが心配になる人が多いみたいですね。これは胎盤がないから逆に届かないだろうという人もいます。

こはほぼダイレクトに赤ちゃんに送られてしまいますので、この時期から栄養バランスに気を使うことをこころがけましょう。

まずは、胎盤を作るために、緑黄色野菜、たらこ、大豆、豆類何かを食べていくといいです。健康的な胎盤ができるでしょう。

赤ちゃんへの栄養補給ですが、それは血液で行われます。そのため、お母さんの体の毛越駅をサラサラにしておく必要があります。血液がさらさらだと赤ちゃんへ栄養が運びやすくなります。

赤ちゃんへの栄養補給は胎盤を通して、赤ちゃんに運び込まれます。実は、胎盤自体が血液が集まったもので、お母さんの血液がサラサラではなくて、ドロドロしているとなると、赤ちゃんへちゃんと栄養が運ばれなくなるんですね。ちゃんと赤ちゃんへ栄養補給する他には、血液をさらさらにしておく、ということが要です。

そうするためにはどうしたらいいのか?ということですが、ビタミンEを摂取するといいです。上の方にも書いた、豆腐や大豆を食べると良いです。

時期が経ってくると、食べれるものも、食べれる量も限られてくるようになります。好きなモノばかり食べれなくなりますよね。ちょっとその辺は残念かもしれませんが、ちゃんと選んで食べていく必要があるかと思います。もちろん赤ちゃんのために、です。
ダメなもの、悪いものを食べるとそのまま赤ちゃんへ届いてしまいます。胎盤ができてしまうと、それがフィルターの役目も果たしてくれるので大丈夫ともされているのですが、繊細で細かいものが入ってしまうとフィルターにも引っかからずに通すことになってしまいます。それがアルコールやカフェインがそうなんです。これは赤ちゃんには絶対に良くありません。出来る限り避けるようにしましょう。