366517

胎盤に放射能の影響ってたまっていくのかしらって心配していました。
放射能を被爆すると、そのまま赤ちゃんへ流れていくってことです。被爆といったらちょっときついいいかたなのかもしれませんが、現実にはあることですからね。残念ながら。

 

スポンサーリンク

 

やっぱり放射能の影響のあるところには、行かないようにしていました。赤ちゃんの為を思って。ちょっと大げさかもしれませんし、放射能の影響なんて全く無いなんて言っている人もいます。でも私は、余計な心配事は減らしたかったですからね。まぁそもそも被爆の心配をする地域に住んでいなかったので、そこは幸いでした。

 

あとは食材です。基本は基準をクリアされていて、そのあと夜に出回っているという話でしたが、やはり気になります。食品偽装、産地偽装などいろいろ食品に関する事件などが話題に上がってくるたびに信じられなくなってきました。そこまで神経質に考えることはないでしょうけど、気がついた時はそういった食べ物は食べないようにしていましたね。

 

本当は大丈夫なのかもしれないけれど、中国産の食材とかは避けていました。不安は不安だったので。これは私個人の意見なので、絶対ダメですよ、というわけではありません。基本はやすければいい、という考えでしたし、あまり気にしなかったのですが、やっぱりああいう事件が続くと、自分も対策できるところはしていこうって思いました。

 

産地にこだわるなんてのも、ちょっとスーパーで買い物するときに気にかければなんとかなります。めちゃめちゃしんどいことをするわけでもありませんし。

 

あのチェルノブイリ原発の付近では、未だに苦しんでいる人もいるわけです。子供や赤ちゃんも被害にあっていました。小児ガンの発症率が高いとか、問題は山積みだと思います。これって妊婦さんももちろん該当します。

 

放射能の心配が拭えないのなら、ここは産地にこだわった野菜や食材を使って料理をするべきだと思います。安いもの=悪いものではないと思うのですが、産地が明記していないものは、ちょっと不安が募ってしまいます。できるだけそういったリスクを背負わずに産まれてきて欲しいと願いたいですね。

 

放射能検査をクリアしている葉酸サプリなんてのもあります。どうどうとしてますよ。

葉酸は奇形児が産まれるリスクを軽減してくれるので、これはこれでしっかりと摂っておきたいと思っていました。→ 放射能検査済み葉酸サプリ