妊娠中の水分について

妊娠中のたくさん飲んだほうがいいのか、あんまり飲まないほうがいいのかどっち?

 

妊婦さんが摂る水分は適度がいいです。あんまり頑張って飲まないほうがいいということですね。むくみの原因にもなりますし、難しいところですが…

 

妊娠していない時は水分は1日に1リットルから1.5リットル(夏場は2リットル)が必要といわれています。これが妊娠中は2リットル必要とされています。

 

妊婦さんは汗を書きやすい分、水分が必要となってくるんですね。他に血液の量が必要とされているため、それだけ余計に必要となってきます。あとは、羊水にも。

 

 

でも、むくみも気になってくるし、イヤですよね。ブクブクなのもなんか健康的でないってイメージですけど。水分を控えるのはもっとよくありません。ちゃんと水分を補給していれば、むくみにはなりません。ちょっと水分が足りないくらいにむくみとなってしまうこともあるそうなので、その辺は微妙なバランスがいると思います。でも、そんなに気にしなくてもいいと思いますけど。

 

血液をサラサラにするためには、水分は必須です。逆に水分が足りないと、ドロドロの血液になり、赤ちゃんへ栄養が運ばれにくくなってしまいます。そして、母体の方も老廃物が溜まってきます。いっきにガブガブ飲むひつようもなく、必要なときに必要なだけ飲めばいいでしょう。

 

水分といっても、水だけでもいいのですが、それだけじゃちょっと物足らないし、他のものも飲みたくなると思います。ここで気をつけるものはカフェイン系の飲み物です。よく休憩中など仕事の合間にコーヒーを飲んでいたと思うのですが、ここは控えましょう。赤ちゃんにもよくないですし、利尿作用によって、結局はすぐに水分は排出されてしまいます。

 

スポーツドリンクとかいいんじゃないの?って思って飲んでいる人もいるみたいですが、これはこれで飲み過ぎるのもよくありません。糖分と塩分が入っているためです。これらのものを避けた飲み物として推奨されるのが、麦茶やルイボスティーです。

 

といいたいところですが、麦茶の飲み過ぎも体を冷やしてしまう恐れもありますので、注意が必要です。

結局は自分にあったいろいろな飲み物を探しながら飲んでいくといいと思います。

よく産婦人科などでおすすめされているのが、プーアール茶、ルイボスティー、黒豆茶、ごぼう茶、コーン茶です。

基本はノンケフェインの飲み物です。それを常温で飲んでいくようにしましょう。