170831

「妊娠初期に食べるには、アーモンドやキウイなどのビタミンEがいいよ」と言われました。実際のところ、ビタミンEは何にいいのでしょうか?ほんとうに良いのでしょうか?

 

ビタミンEは、妊娠初期には流産防止になるということで、昔から重宝されていました。

妊娠したことがわかったら、ビタミンEは、摂っておいたほうがいい、とよく言われました。これって、妊娠初期の流産予防だけでなくて、不妊治療にもいいとされているんですね。

→ ビタミンAが意外にも…

 

それで不妊治療中、妊活中の人で、アーモンドやキウイを食べている人が増えているみたいですね。

 

ビタミンEが多く含まれている食べ物は、キウイが有名です。最近スーパーで若い女の子が、キャンペーンみたいな感じで試食オススメしてますけど、(ゴールデンキウイでしたっけ?)もうちょっと食べておくべきだったかな、と思いました。(汗)

 

 

キウイにはビタミンEが含まれているということなのですが、実はもう一つ妊婦さんには重要な栄養素が含まれているんです。

 

それは葉酸です。葉酸も多く含まれているんですね。そしてさらにビタミンCも。このビタミンCは、ビタミンEとの相性がよく、一緒に摂ることによって、お互いの効果をより高めるという効果があるんですね。今後はキウイを食べる機会があれば、積極的に食べていきましょう。試食コーナーでかぶりつくなんてのもアリだと思います。
これを知ったのは、出産後だったので、私ももっと試食しておけばよかった!って思いました。(汗)

 

赤ちゃんがほどよく、ここちよくなる?

ビタミンEには、血行を良くするはたらきがあるんですね。血行がいいということは、子宮への血液の循環もいいということで、赤ちゃんに栄養(酵素)が届けやすくなるんです。

赤ちゃんに栄養が届かないとなると、大変ですからね。血行がいいということはわりと効率がいい、ということなんですよ。効率よく、栄養が運べるということ。それによって、母親の体内の血行も良くなって、体も暖まったりして、冷え性改善にもいいんですね。

葉酸サプリ ララリパブリックを飲んでみて

 

 

アーモンドについて(追記)

キウイだけでなく、アーモンドにも葉酸が含まれていることがわかりました。若干ですけど。
10粒程度の中には葉酸が4.8μグラムほど含まれているそうです。

妊婦さんは、一日400μグラムの葉酸を摂ることを推奨されていますから、アーモンドだけでまかなうのは相当な量を食べないといけません。それは、ちょっと難しいと思うので、つわりなどで何も食べれないなんてときに、ちょっとつまむ程度食べるのがいいと思います。

 

 

 

まとめ

  • ビタミンEを積極的に摂りましょう
  • アーモンドがオススメです。
  • キウイもいいです。(ビタミンCや葉酸が含まれている)