0I9A4769ISUMI_TP_V

娠初期に魚は食べていいものなのでしょうか。

 

一口に魚と言っても、種類は豊富。食べていい魚、食べてダメな魚に分かれます。

 

スポンサーリンク

 

種類もあるので一つ一つ紹介、というよりも有名なものをまずジャッジしていきたいと思います。他の記事でも書いていますが、マグロはNGと考えておいたほうが良いでしょう。水銀を多く含んでいるということで、赤ちゃんにも影響があるとされています。赤ちゃんに水銀が溜まってしまうということですね。

→ 妊娠中にホッケは食べてもいい?判断材料の秘密。

 

あとはキンメダイもその部類に入ります。マグロに関しては、若干であれば大丈夫だという意見もあります。
それら水銀を含んだ魚を避けて、サバやイワシなどの小魚系をオススメします。これらは水銀が少ないだけでなく、DHAを多く含んでいるということから、頭が良くなるとされています。最近まで水銀を気にする傾向にあったのですが、最近だと、放射能のセシウムも気になってきますよね。なのでやっぱり大型の魚などはちょっと避けたいところですね。

放射能も水銀も問題なしとされている魚で、サンマがあります。

 

45ebbdf8a0296bd9e8f4b0102514d45c_s

 

貝類、甲殻類については、生で食べる場合は注意が必要です。というか、生で食べるのは控えておきましょう。

 

暑い時期になってくると、ウナギが食べたくなってきます。私は好みではなかったので、全く食べることなく、その辺は大丈夫だったのですが、やっぱり好きな人は好きなんですよね。ビタミンAが含まれているので、避けておきたいところです。→ ビタミンAの注意点

 

 

我が家では、よく食卓に並んでいた魚で”ほっけ”があります。しかし、このホッケを妊娠中に食べることはNGなんですね。放射能で引っかかってしまいます。 → 放射能が胎盤に与える影響とは

 

こうやっていろいろと見ると、食べれる魚というのは限られてきますよね。アレコレ考えて制限するというのも、それはそれでストレスになってしまいます。食べれる魚さえ把握してしまえば、あとは大丈夫という方法もアリといえばアリだと思います。

 

水銀について

水銀を体内に取り入れてしまうと、何がいけないのでしょう?

小学校のときの社会の教科書に、水俣病という工場排水による公害が載っていました。その被害者の症状は感覚障害、運動障害、ひどい場合は、脳が冒されてしまって死んでしまうなんてこともあったそうです。

水銀が赤ちゃんに取り入れられてしまうなんてことを考えると、なんだか不安になりませんか?これは水銀を多く食べた場合のことなのですが、そうした場合、産まれてから音を聞いたときの反応が、1/1000秒以下のレベルで遅れる場合があるということなんです。厚生労働省から発表されていました。※1/1000秒だなんて、なかなかわからないかもしれませんが。

とにかく悪い影響があって、その可能性を取り除けるのであれば取り除いておくに越したことはありません。

 

魚の栄養は欲しい

ちなみに「心配だけど、魚は食べたい」なんてときもあると思います。
魚を食べたいというか、魚の栄養、DHAを摂っておきたいということですよね。
そんな時は私はDHAを摂っていました。
お魚に含まれているDHA。そのサプリですね。

 

これにはさすがに、水銀なんかは含まれていないでしすから、食べれないお魚が出てきただとか、お魚が食べれなかった日なんかは、わりと積極的に食べていました。

これは、お腹の赤ちゃんにも安全で、成長にとてもいいということで私は食べていました。

 

 

 

まとめ

水銀を含んだ魚はできるだけ控えるようにしましょう。

胎児のために小魚系を食べましょう。

魚全般が不安であれば、サプリでアシストすることも一つです。