葉酸が弱いもの。葉酸には弱点があるんですね。それは熱に弱い、水に溶けやすいということなんです。頑張って葉酸をとっているつもりであっても、本当はそれほど摂れていないんですね。実は。
厚生労働省が調査した結果では、茹でた野菜の場合は、半分が溶けてしまっているということなんです。茹でた汁に。
ということは、ありのままの葉酸を接種するためには、できるだけ生に近い状態で食べるしかないんですね。または溶けた水であったり、お湯、汁まで食べれるものがいいんですね。
いろいろと考えて調理していかなければなりません。卵にも葉酸が含まれているのですが、卵の場合は、そんなに損失はありませんので、ある程度は大丈夫です。

とすると、一覧表も挙げているのですが、それを参考にすると、食事だけで厚生労働省が推奨する摂取量440μグラムを接種するのは、なかなか厳しい物があるなぁ、と思いました。<葉酸を多く含む食べ物、食品一覧

そう思う人は少なくないと思います。妊娠初期に摂るのがいい、と書いてきましたが、実は妊娠前から産後までずっと摂ってきたほうが良いんですよね。葉酸が含まれた食事をずっと1年以上続けるとなると、ちょっと飽きてきたりもすると思うんです。私がそうでしたから。絶対に葉酸は摂らなきゃいけないんだ!!というわけではないのですが、できるだけ効率よく摂る、ということを考えるのであれば、時折サプリメントで補助する、ということも検討してみるのもいいと思いますよ。
逆にサプリメントだけで事足りる、ということもあるのですが、やっぱりそれだけでまかなうというのもどうかなと思います。なので、食事は食事でしっかりと食べて、そのあとサプリメントで補助する、という形を摂るのが理想かと思いました。