葉酸葉酸ってずっと書いてきましたが、これって食事だけで沢山摂っていれば、大丈夫なんでしょ?という意見をよく見かけました。

妊娠の可能性がある女性は、1日400μグラム摂るといいとされています。それを厚生労働省も推奨している、と以前の記事で書きました。これって「妊娠の可能性」なので、じゃあ妊娠している妊婦さんは?となると、440μグラムなんですね。ちょっと多くなっています。
これって赤ちゃんが産まれたら、葉酸は摂る必要がなくなるの?なんて言われていますが、出産後も摂ったほうがいいんです。無事元気に生まれたから、葉酸を取る必要が無いわね、とピタリとやめている人がいるみたいですが、コレはちょっともったいないです。葉酸は生まれた後の赤ちゃんにも必要で、授乳によって養分を受け渡すことが可能なんですね。コレがけっこう重要なポイントを占めていて、赤ちゃんに葉酸を渡すことができないと、発達が遅れてしまう、とされているんです。重要ですよね。授乳期は1日340μグラムが基準とされています。

さて、食べ物だけで、上で書いた葉酸の量を接種することができるのかどうか、ということですが、私個人的には若干きびしいと思います。というか現実的に無理でした。無理な日もあったということです。
基本的には緑黄色野菜が主とされます。ほうれん草、春菊、からし菜。いちご、マンゴー、アボカド、これらを毎日食べていかなければならないんです。