妊娠中の体重管理について

妊娠中の食べ過ぎや太り過ぎを防ぐために体重管理が重要なものとなってきます。
「妊娠するとお腹の赤ちゃんの分も食べないといけない」ってよく聞きますが、決して層は限らないんですね。あまりに食べ過ぎたり、太りすぎたりすると赤ちゃんのためには良くないんです。危険とさえ言われています。妊娠中は体重が増えて食欲が増してきます。ちゃんとした体重管理をして、栄養バランスを取っていきましょう。

そもそも食べ過ぎや太り過ぎはどうしてダメなんでしょう?
それは妊娠中毒症にかかるおそれがあるからです。そうなると、死産や未熟児出産、早産、低体重児出産と赤ちゃんへの影響もあるのですが、妊産婦脂肪の要因にもなりえるわけなんですね。大げさな話ではなく。
あとは、妊娠糖尿病になってしまうこともありえます。あとは、産まれるときに、微弱陣痛になってしまうということもあります。そうすると陣痛促進剤などの医療処置をうけてやっと出産ができるという状態になるんですね。産道に脂肪が溜まってしまうと、赤ちゃんが通りにくくなって難産になる可能性も。さらに赤ちゃんが大きくなっていると、それも出て来づらくなってしまいます。そうすると、帝王切開や鉗子分娩で出産をするしかなくなってくるわけですね。

妊娠中は、運動量も極端に減ってしまうため、太りやすくなってしまいます。食べ過ぎは肥満の原因となってしまいます。太っていることによって、母乳の出が悪くなったりもします。そして、何よりしんどいのが、出産後の体重を元の体重に戻すことです。