妊娠したらとにかくたくさん食べればいいんでしょうか?

妊娠した時の食生活は、量より、質を求めるようにしましょう。

妊娠前期では、1日の摂取カロリーは妊娠前に比べて若干増加するのみ。体重増加が激しくなる妊娠後期では、1日の摂取カロリーは妊娠前から比較すると、こちらも若干増える程度。コレが理想なんですね。実は。そんなに妊娠前とは変わらないんです。何が違うかというと、質が違うんですね。ちゃんと考えられた食事内容にしていく必要があるんですね。妊娠中に特に注目して摂る必要があるものが、たまごや牛乳、かつお、あじ、豚肉、など質のいいたん白質なんですね。

マタニティ食としてのコツとポイントをいくつか。
・脂肪の少ない赤みや鶏肉を使う
・シーフードは1食100gは食べる。
・高カロリーのものは自分で作って、低カロリーのもに返信させる。薄味などにすれば大丈夫な場合も
・とんかつは肉の表面積を狭くし、挙げ時間を短くすれば大丈夫
・ハンバーグは、ひき肉でなくて、赤身肉を自分で弾けば大丈夫
・天ぷらの場合は衣は薄くして、脂を吸わない低カロリーの素材であればOK
・ピザはソースとチーズの量を控える
・オムライスは具だくさんでご飯少なめ
・焼きそばはソースを薄味にする
・ラーメンは自分でスープを作る

こうやって見ると、食べたいものがけっこうあるものだと思いませんか。
今まで我慢していたものも、自分で工夫して作ればなんとかなるものです。
とりあえずラーメンなんかは工夫が必要ですが、トライしてみてもいいんじゃないでしょうか。
もしくは旦那さんに作ってもらうとか。