エネルギー代謝の改善に

ビタミンBには、B1、B2,B12、ナイアシン、葉酸、パントテン酸、ピオチンと8種類あります。
これらを総称してビタミンB群と呼びます。
ビタミンB群は、エネルギーの代謝を良くしてくれ、体の調子を整えて、体内の細胞を活性化させてくれます。これが逆に不足してしまうと、代謝が鈍り、体調を崩してしまうことになるんですね。

神経の修復
ビタミンB群がなくなってくると、末梢神経炎を起こす可能性があるとされています。
実は、葉酸を含んだビタミンB群には、末梢神経を活性化させて、神経を修復する作用があるんです。そのなかでもビタミンB12が末梢神経に働きかけを行うんですね。ビタミンB12と葉酸は関係が深いとされていて、ここでも葉酸の重要性がうかがえます。手足の冷え、手足のしびれ、足が思うように動かないなどの症状は、末梢神経のはたらきの低下です。ビタミンB群、葉酸を摂っていくことによって、これらの症状を改善していくことができるとされています。

お酒を大量に飲む人に
アルコールを沢山飲む人は、葉酸が欠乏しやすいとされています。なぜかというと、アルコールが分解されてできるアセトアルデヒドの影響が強いとされています。
アセトアルデヒドは、活性酸素をつくりだします。それが、傷ついたDNAの修復に必要な葉酸を壊してしまうと考えられています。お酒は程々にしておきましょうね。そして、一緒に葉酸も摂っていくことをこころがけていければ幸いかと思います。

月経の不快症状
また、月経の不快症状にも役立つとされています。

 

→ 葉酸サプリを飲んでみて…