大豆イソフラボンは食べたほうがいいって聞くけど…

過剰摂取が注意な食品です。

女性ホルモンに似た作用があることから、いろいろと注目されている大豆イソフラボンなのですが、食品安全委員会というところがあって、ここが、過剰摂取はよくないですよ、と発表しました。ちょっと注意した感じですね。原因としては、妊婦さんが、普段食べているご飯とは別にして、あえて大豆イソフラボンを摂取、しかもたくさんとることは血液中のホルモンバランスを崩すということからです。

国民栄養調査とかで、1日の安全摂取量は70~75mgとされています。これってどれくらいなんだろう?って思ったのですが、何のことはなく、普段普通に食卓に並べば大丈夫な容量だったんですね。具体的には、納豆とか豆腐とかそれ系のものを食べていれば問題ない感じです。

なので、必要以上に食べてイソフラボンを取る必要はなかったんですね。胸がない、バストアップしたいということから、イソフラボンは女性ホルモンに似た作用があるから良いよってきいたことあったのですが、コレが妊娠してしまうとなると、摂り過ぎなのはよくない、ということだったんですね。まぁ妊婦さんが色気ムンムンになるってのもなんだか必要ないような感じもしますし、ちょっとおかしな話にはなってしまいますよね。

ということで、普段通りの食卓にならぶ納豆とかで問題ありません。