赤ちゃんが小さくても大丈夫なのでしょうか?
小さい赤ちゃんが生まれた場合はどうすればいいのでしょう?

過剰なダイエットなど意識せず、しっかりと栄養を摂ることです!

最近心配されているのが、小さい赤ちゃん。未熟児であったり、低出生体重児と言われたりする赤ちゃんですね。2500g以下で生まれた赤ちゃんのことをいいます。
データとしては、ここ40年増え続けている傾向にあります。コレは日本としては独特なでーたなんだそう。身体は大型化しているのに、赤ちゃんが小型化しているという。平均出生体重も女の子では3000gを下回っているんですね。平均が3100g以上だった1980年台と比べると、約200g減っていることになるんですね。
主な原因としては、やっぱりなんといっても冒頭にも書きましたが、若い女性のスリム化によるものだと思います。願望からくる過剰なダイエットや、あとは喫煙習慣なども関係してきます。いわばガリガリといわれる極端に痩せた女性は栄養状態が低いとされています。その状態で妊娠、出産となると、赤ちゃんにも低栄養の影響があることは免れません。そして、その状態で生まれてそだった子はおとなになると、高血圧や、糖尿病などの成人病のリスクが高くなるとされているんですね。ということを考えると、すでに妊娠している状態だと、難しい感じもしますので、妊娠前の状態から安産し、産まれてきた子供が成人病にならないように考えることができる、ということなんですね。コレは個人的には極端な意見ではないと思うんです。簡単ではないですが。

かといってあまりに食べ過ぎるとそれはそれで問題ですし、バランスが難しいところではあると思うんです。