コーヒーが好きなんです。妊娠中は飲んじゃダメですか?

 

カフェイン自体はよくないです。ただし1日1,2杯程度ならいいでしょう。
ただ、どうしても我慢できない場合です。

 

カフェインの赤ちゃんへの影響があるので、その辺は意識していくようにしましょう。私は毎日コーヒーを飲んでいたのですが、妊娠して、カフェインがよくないということを知ってからバッサリとやめました。何がどういうふうに影響があるのよ、といわれると、その時はちょっとわからなかったのですが、調べたら、カルシウムの吸収を妨げるんですよね。コレはよくないでしょ
→ カルシウムが足りない。摂取方法は?

 

コーヒーにはタンニンと言うものが含まれていて、特に最近貧血という診断結果が出ていたら、飲むのを控えるようにしましょう。カフェインは、血液を減少させる働きもあることから、胎盤をつくることに支障をきたすおそれもあります。

 

よくカフェインを飲むと、目が冴えるといいますが、中枢神経を興奮させる作用があるからなんですね。仕事中に一服したり、リフレッシュするためにコーヒーを飲むのはそのためなんでうsね。

 

カフェインは、フィルターの役目をする胎盤があったとしてもそれを通ってしまって赤ちゃんにまで届いてしまうんですね。

そうなると、ソレが原因で、流産、早産、低出生体重児、また、発達障害にもなってしまうことが十分にありえるとされています。

 

中でも妊娠初期のカフェインを摂り入れることは胎盤をつくる血液を減少させるといわれているので、胎児自身の発育を遅らせてしまったりする可能性もあるんですね。

 

 

カフェインが入っている飲み物は全般的によくないです。コーヒー、紅茶、緑茶が該当します。
ルイボスティーなんてのもありますので、こちらで代用してもいいと思います。
→ 妊娠中の飲み物。飲むならアレ

 

 

 

飲む場合は、1杯をいつもよりも、更に時間をかけて飲むようにしましょうか。
その分リラックスできますし、なにかしら役に立つようにしたいものです。
リラックスでストレスが和らぐといいですよね。

栄養ドリンクは、限定されるけど飲んでいい、と前回の記事でも書きましたが、実はカフェインが含まれているものもあるんですね。効果は眠気を取るためだとか。逆に妊婦さんもOKな栄養ドリンクというものがあるのですが、それには、カフェインが含まれていないんです。なので、しっかりとその辺は判別して買うようにしましょう。

 

どうしてもコーヒーが飲みたい、ということであれば、カフェイン入りのコーヒーの場合はリスクがありますので、ノンカフェイン、カフェインレスのコーヒーを飲むというのも方法の一つかと思います。

私的には、これは大きな判断だと思いますよ。

 

最近はカフェインレスのインスタントコーヒーもありますし、あとはコーヒー専門店でもそういった商品を注文することもあります。

コーヒーを飲みたくなったり、コーヒーショップなどに行って飲む機会があれば、そういったカフェインレスのものを注文することをオススメします。

 

まとめ

  • コーヒーは飲んでいいが、1日1杯程度。
  • 時間をかけてゆっくりと飲む。
  • 個人的にはオススメしない。