切迫早産を予防するにはどうしたらいいのでしょう?

これは発見をはやくすることです。そうするためには定期検診をちゃんと受けることですね。

早い段階で発見できれば、治療で改善できれば、改善できる可能性も高くなるんです。
そうするためにもやっぱり健診は、定期的にちゃんと受けましょう。

 

スポンサーリンク

 

そもそも切迫早産とはどういったことのことをさすのでしょう?
これはまだまだお腹の中にいるべきなのに、赤ちゃんが早く生まれてこようとしていることをいいます。妊娠すると、耳にする機会はあると思いますが、できるだけこういったことは避けたいですよね。
妊娠22週から37週の間に生まれてこようとしている状態のことです。そして、規則的にお腹が貼って、出血があり、あとは子宮頚管が短い場合、そんな時は切迫早産の可能性があります。

お腹の張りとか、出血の場合は自分でも判るのですが、子宮頚管の長さとなると自分ではわからないですよね。判るのはお医者さんということで、これが健診を受けた時に知らされることもあるんですね。そうなると、早産のための対策を打たないといけなくなってきます。

ちなみに自覚症状があル場合は、すぐに産婦人科のお医者さんに相談しましょう。
下腹部の張り、痛み。出血。オリモノの変化です。
下腹部の張りや痛みに関しては継続的で、規則的なハリと痛みを感じてきたら注意が必要です。
出血に関しては、少しでも出血したら、すぐに相談しましょう。
オリモノですが、匂いの強いオリモノがあった場合などは注意が必要です。

原因としてh考えられることは、母親側の感染症の可能性が高いです。
膣の中にバイキンが増えて、それを胎児、排出するためにがんばって白血球が増加します。そのための運動が、子宮頚管の組織や卵膜というものもこわしてしまうので、子宮口が柔らかくなって開いたり、破水が起こったり、ということがあるんですね。
かならずしも何か原因がある、ということでもないそうです。

予防策としては、冒頭にも書きましたが、定期的にきちんと健診をうけることです。そして、感染症の予防のために、アソコはキレイにしておきましょう。洗いすぎもよくないので、適度に。
→ これでいいのか食べ物と切迫流産の関係