妊娠性貧血についてどんなものなんでしょうか

鉄分不足で、血液が薄まっています。妊娠中は血液の量が必要となってきます。そして、血液の量が増えてきて、水っぽくなるんでうs.そんな状態のことをいいます。赤ちゃんの分まで血液が必要なので、鉄分不足にもなりやすくなります。お母さんの血液から優先的に赤ちゃんに栄養と酵素が送られるため、その妊娠性貧血になりやすくなります。これが軽い貧血だと大丈夫なのですが、逆に重いものだと、産後の回復が遅れてしまう可能性も。分娩の時に出血量が多くなってしまうんですね。
貧血を甘くみてはいけませんよ。→ 貧血のことはいま対策しないと後悔する

原因としては、基本的には赤血球を作るスピードが追いつかないということから起こってくる症状なんですね。血液がどんどん必要とされてくるのですが、だんだんと薄まってくるんです。量はあるのですが、白血球が無くなるという感じですかね。それで貧血に。段々と鉄分も必要となってくるので、鉄分不足にもなりやすくなります。
「なんだかクラクラするなぁ」とかあんまり自覚症状はないので、気づきにくいんですね。健診はかかさず受けるようにしましょう。

基準としては、
ヘモグロビン濃度が、妊娠していない時で12g/dl未満とされているのですが、妊娠時には11g/dlとされています。

ヘマトクリット値は、妊娠していない時は35%未満、妊娠しているときは33%未満となっています。

お母さんと赤ちゃんへの影響については、実は貧血は、赤ちゃんまで伝染することはないとされています。お母さんが貧血だからって赤ちゃんまで貧血になることはないんですね。重い貧血となった場合は、だいたいお母さんが疲れてやすくなってきます。あとは産後の体調の回復が遅れてしまったりも。母乳の出にも影響するともいわれているので、侮れません。

対処方法としては、鉄D剤が処方されます。

妊娠性貧血は、どうやってわかるのか、というと定期的に行われる家越駅検査で、知ることができるんですね。