e029204c2e19ac2bbc2e8409d9ff0f1b_s

代謝をアップするための食事とかありますか?

バランスよく食べることです。これにつきます。

このサイトでは何度も書かせてもらっていますが、
やはり何においてもバランスが大事なんですね。●●抜きなんてのは全然よくないです。野菜を多めに食べるとか、炭水化物を抜くとか、そういうことじゃないんですね。実は。そうしていくと代謝が良くなって太りにくい体になっていくんですよね。

妊婦太りにならないためのモチベーション維持とその習慣の秘密

 

食事のバランスもそうなのですが、時間帯のバランス、朝昼夕の3食でのバランスも大事です。朝抜いて夜にたくさん食べるとか、そんなのもダメなんです。妊娠初期ということで、まだ時間は有りますから、計画を立てていくのも一つかと思います。長い目で見て。

食材としては、さば、鮭、きのこ、いも、しょうが、豆なんかがいいですね。

サバは、DHAやEPAというオメガ3という脂肪酸が含まれているので、これがうまいこと脂肪を燃焼させてくれるんです。結果、代謝がよくなる、と考えることができます。

鮭は、これもサバとおなじで、オメガ3が入っているので、代謝が上がる働きがあるとされています。他にも代謝をあげてくれるというビタミンB群があります。アスタキサンチンも含まれていて、これは体の酸化防止をしてくれる役目があります。

きのこは、低カロリーなのでいいです。バクバク食べるものでもないですし、ちょいちょい、煮物や汁ものに入れていくといいでしょうね。あとはサラダとか。きのこには、代謝を上げてくれるビタミンB群が含まれています。ほかに、食物繊維もあって、消化吸収を援護してくれます。

いもは、こちらも食物繊維が含まれているので、代謝を上げる働きがあると考えられます。炭水化物がちょっと多いということで注意なのですが、ビタミンが豊富です。一応。

しょうがは、冬にはよくありがたがられるのですが、血行を良くして、冷え性改善にいいということで貴重がられています。スープなど温かい系のものに入れるといいですね。

豆は、食物繊維やカルシウム、鉄なんかも含まれていて、これ単体でもバランスがいいとされています。あとは植物性のタンパク質としてもありがたがられていますね。

 

栄養バランスについて

炭水化物、たん白質や脂質で体をつくります。そしてビタミン、ミネラル、食物繊維で代謝を良くします。どれか抜いてもいいかなって思うかもしれませんが、基本は全て入ったほうがいいです。それもバランスなんです。

主菜、フルーツ、副菜、主食、汁物といった献立でいきましょう。

食べ方について

間食を考えるならプルーンとかチーズがいいです。

食事の合間のおやつは、プルーンとかチーズがいいですよ。これは血糖値が上がりにくいということと、ミネラルが豊富ということでオススメです。

食べる順番としては、最後に炭水化物を食べましょう。

順番食べダイエットみたいなものがはやりましたが、まさしくそんな感じです。これは血糖値を意識しての食べ順です。最後に食べることによって血糖値が上がりにくくなるということですね。あとは野菜から初めて、肉や魚、最後に炭水化物がオススメです。

食事の1回あたりの時間ですが、20分から30分かけましょう。

昔からそんなに早食いではないかもしれませんが、急いでいる時とかも早食いはできるだけやめておきましょう。逆に時間をかけて、よくかんで食べるのがいいです。そうすることによって満腹感を得やすいってのもあるのですが、あとはお腹が空きにくくなるんですね。そして早食いは大食いになってしまうんです。

 

夜は軽めにしておくといいです。

忙しくて朝とか昼とか食べれなかったから、その分夜食べようとは思わないでください。たくさん食べることによって、血糖値が急激に上下するので、より食欲がましてしまうことも。規則正しいリズムで食事を取りましょう。夜は少なめが良いですよ。

 

まとめ

バランスよく食べることを心がける