496316

まだまだあった妊娠中に食べてはいけないもの
以前も出た食べ物があるのですが、改めて。

 

昆布

昆布を含む昆布系のものは、できるだけ控えたほうがいいです。摂るとするならば、週1回程度がいいです。ミネラルもたくさんあって、ヨウ素も含まれています。かつおだしなどの代わりのものを使うのも考えてみるのもいいと思います。

ひじき

ひじきも週1回がいいですね。ヒ素が含まれているので。ひじきには有害とされている無機ヒ素というものが含まれています。でも、鉄分もあるし、貧血対策とかにはいいんですよね。なので、週1回程度であれば良しとしたいところです。

レバー

これも週1回程度です。あんまりないと思いますが、毎日食べるのはサケましょう。ビタミンAがネックというか、これはとりすぎが良くないんですよね。食べるときには、よく火を通したものにしましょう。 レバー

ハム、ウィンナー

加工食品であるハムとかウィンナーって、塩分とか添加物が多いんですよね。わりと好きな人は多いんですが、ほどほどにしておきましょう。ウィンナーは1日2,3本、ハムは3枚位がいいです。ウィンナーは茹でれば塩分が落ちます。生ハムとなると食中毒になる可能性もあるので、これはやめておいたほうがいいです。 ハム

卵かけごはん

時間がないときに、手早く食べれるからと、たまに食べていたのですが、これは妊娠中はよくないそうです。やはり生卵のサルモネラ菌が心配です。これに感染してしまうおそれがあるので、卵を食べるとしたら、火を通したものを食べるようにしましょう。なので、卵かけご飯はやめておきましょう。たまに卵かけごはん焼きなんてのもありますので、そういったものであればアリなんじゃないかと。

バター、マーガリン

普通に使用するうえではOKです。1日1片くらいがいいです。これは微妙だと思っていたのですが、意外にも大丈夫なんですね。ただし、油なので、カロリーには気をつけましょう。

チョコレート

これは賛否両論で意見がわかれるところです。場面場面でチョコレートの誘惑がいろいろと出てくると思います。私も好きだったので、目に入ると手が伸びます。これはちょっとくらいなら大丈夫だと思っているのですが、カフェインも糖分も入っているので、できるだけ控えておいたほうがよさ気ですね。

フルーツ

栄養度が高いとおもっているフルーツ。たしかにビタミンやミネラルが豊富でオススメなんですが、糖分が多いということからカロリーも高いため、食べ過ぎには注意が必要なんです。

チーズ

実は、種類によって判定が分かれます。乳製品だからOKでしょ?って思っていました。
加熱処理済みのチーズは大丈夫なのですが、非加熱のナチュラルチーズはちょっと危険なのでやめておいたほうがいいです。これはリステリア菌にかかってしまうおそれがあるからです。
見分け方としては、食品表示の部分で、プロセスチーズとナチュラルチーズとに分かれているはずです。

プロセスチーズが、加熱処理済みのもので、スライスチーズとか6ピースチーズが該当します。

ナチュラルチーズが、非加熱のものです。
ブルーチーズやフェタチーズカマンベールチーズなんかが該当します。

キムチ

辛いものを食べていいのかどうか、という記事を以前に書いたことがあります。まぁあんまりオススメはしていないのですが、適度な量なら大丈夫でしょう。なるべく御飯のおかずであったりそんな時に食べるようにしましょうか。<妊娠中辛いもの食べたいけどいい?

生肉

以前に刺し身について書いたことありますが、生肉も生ものですから、基本的には推奨はしません。冬だとノロウィルスなんかも心配になってきますしね。もちろん貝も、ですよ。2枚買い、生牡蠣。ちゃんと日が通っていれば全然いいです。なので、食べ物は冷蔵庫に頼りきらずに早めに食べてしまうことをオススメします。

えび、かに

魚介類とはまた違ったものですが、えび、カニ、タコやイカは基本的には食べても問題ないとされています。ちゃんと火が通っていることが前提ですが。

 

まとめ

一つ一つ上げていくと、キリがないのですが、わかっていくたびに、記事に上げていきたいと思います。

 

 

食欲がなくて、十分な栄養を摂るために葉酸サプリを飲み始めました。

感想はこちら