妊娠中にご飯の食べ方で注意することは?

1.規則正しく、ゆっくり食べる

これは大事です。時間がないからといって慌てて食べては消化によくありません。基本は代謝を良くする必要がありますので、朝食を抜いたり、夜中にお腹が空いたからとか変な時間に食べたりしないように注意する必要があります。妊娠初期だと、まだ仕事をしているかもしれませんが、カップラーメンとかは避けて、ちゃんと食べるようにしましょう。あとは外食が中心だった場合は、家で食べるというのもいいです。そして、ゆっくりとかんで食べることによって、満腹感も得られます。

 

2.便秘解消にいい食品を食べるようにする

便秘の原因として考えられるのは、子宮が大きくなって腸が圧迫されてしまうことや、ホルモンの影響が考えられます。ヨーグルトが便秘を解消するのにいいとされているのですが、これは町内にいる善玉菌を活性化して増やすということからなんですね。あとは食物繊維がたくさん含まれている野菜などがいいです。

 

3.鉄分をとって貧血予防に備える

妊娠中は多くの血液を要します。循環させるために必要とされ、血液がだんだんと薄まってくるんですね。

 

4.葉酸が含まれている食べ物を

つわりの時には食欲不振を和らげてくれる効果があるとされています。
赤ちゃんには必須とされる葉酸。細胞を増殖させるためにも良いとされているビタミンB群があるんですね。産まれてくる赤ちゃんのリスク軽減のためにもいいとされているものなので、葉酸が含まれているとされる食べ物を積極的に食べていきましょう。葉酸不足も貧血の原因とされていることがわかったことから、鉄分だけじゃなくって葉酸も積極的に摂っていく必要があるかと思います。私は意味もわからずに葉酸を食べなさいと言われ続けていたので、積極的に食べていましたけど。そういった意味があったんですね。赤血球の豪勢を助ける動きもあるとされていることから、やっぱり貧血にも効果はあるんですよね。
もちろん食べれない時はサプリも可です。しかし、何でもかんでもサプリという考えもどうかと思っているので、あくまで補助的なものとして考えるようにしましょう。摂り過ぎもよくないので、この辺は併用などに注意が必要ですね。

葉酸を多く含む食品は、ほうれん草、ブロッコリー、モロヘイヤ、アスパラガスやいちごなどがあります。
→ 葉酸を含む食品一覧
→ 葉酸サプリを飲んでみた感想

 

5.栄養バランスをちゃんと考えて

口を酸っぱくして言われていることだと思うのですが、やっぱり自分の食べたいものに偏ってしまうのを避け、バランスよく食べていくことが大事なんですね。たん白質やビタミン、ミネラルよく聞く言葉だと思いますが、ちゃんとこの辺をまじめに考えて食べていくといいでしょう。逆にあれもこれもってなっていくと、食べ過ぎてしまうこともあるので、体重増加も気にしながら、食べて行きましょうね。カロリーオーバーってやつですね。今までなかったと思うのですが、産まれてからも必要となってくると思うので、今のうちに計量スプーンでは勝手調理していくクセをつけていくといいですよ。

6.塩分に注意したものを

わりとあっさり系が好きだと思うのですが、たまに濃いものも食べたくなると思うんですね。でも程々にしておきましょうね。あまりに濃いものばかり食べ過ぎると、妊娠高血圧症候群なんてのになってしまうおそれもありますし。

まとめ

基本的にはバランスよく食べることが大事なのですが、あれもこれもと食べ過ぎると、体重管理ができなくなってしまうおそれもあります。
これから食べれないときも、ときどきあると思うので、そういった時はサプリメントで栄養摂取する、という選択肢もアリかと思います。