羊水がたくさん増えてしまうと悪影響を及ぼすなんてこと聞いたことありませんか?それって本当なのでしょうか?

対策はどうしていけばいいのでしょう?
また、増えてしまったときにお腹の中の赤ちゃんにはどういった影響があるのでしょう?

●知っているかもしれませんが、ここで羊水過多症について認識しておきましょう。

体重が急に増えてしまったり、子宮が急に大きくなったり、あらゆる症状が出てきたときに「羊水過多症と言われることがおおいです。」
羊水の量が800mを超えてしまった状態のことを、羊水過多といいます。妊娠初期、中期、後期と時期は関係ありません。

この800ml超えをしてしまった時は、何かお腹の中で起こっているものとして診断される可能性はあります。

●羊水過多の原因
普通はいい感じでお腹の中の赤地ゃンが育っていると、急に体重が増えたりするなんてことはないんですね。

原因としていくつかあるのですが、その前に知っておくべき知識として、赤ちゃんの吸収量と排出量が均一に保たれているんです。

・羊水の吸収量の減少
無脳症、水頭症や二分脊椎になっている可能性
何らかの理由で、赤ちゃんが羊水を取り込めなくなっている。例としては消化管閉鎖や十二指腸閉鎖などが考えられ舞うS。

・羊水の生産量が増量
胎盤に腫瘍
赤ちゃんの体内から髄液が漏れている
双子で、赤ちゃんの尿の量が増えている
妊娠糖尿病で羊水の生産量が増加

いろいろと原因として考えられているものを列挙したのですが、実際にはちゃんとした理由がはっきりしてないんだとか、そういった話もあります。