いろいろと飲み会に誘われていく機会が増える時期でもありまし、これからも歓送迎会などで声がかかるかもしれません。

気を使われているのはありがたいのですが、せっかくお世話になったあの人の送迎会とあらば、となると参加しないわけにもいかないですし。

そうなると問題は食べ物と飲み物ですよね。

注意するべき点としては他の記事でもカイているのですが、やっぱりアルコールやナマモノは気をつけましょう。

あとはカロリーであったり、塩分はきにする必要があるかと思います。注意しましょうね。

 

食べ物

食べものとしては、ウナギで嘔吐したという事例もあります。好きで好きでどうしても食べたかったんでしょうが、これは生まれるまでに我慢しておいたほうが良さそうですよ。

あとはハンバーグなんかも微妙です。おいしいところは本当に美味しいですし。私個人的にはアトムボーイとか、びっくりドンキーなんて好きでしたがこういうのはしっかりと火の通った焼かれたものを食べるようにしましょう。中途半端に生焼けぽいものは比較的避けるようにしたいところです。

 

ウィルス
貝類についているノロウィルス。冬に大流行するものとして有名ですね。胎児には直接影響はないとされているのですが、母体であるお母さんが苦しみます。

あとは食肉、鶏肉についている、カンピロバクターというもの。
こちらは胎児が感染してしまう可能性があります。髄膜炎など。

リステリア菌
こちらは魚介類やチーズ、食肉にいるとされています。敗血症や髄膜炎になってしまうと、胎児の命にかかわることだってあります。

何をどう食べていいのかわからないなんてことがある場合もあるかと思います。<食材宅配のおすすめにこだわってみる。>

自分だけそうやって食べる食べないを判別しているとちょっとめんどくさいなって思わせて、空気を濁してしまう可能性だってあるのですよね。

だいたいオードブルが多いのでその辺はやんわりと避けていけばいいと思います。

でも大衆の集まるところというのは、それいがにも気にしなければ行けないものがあります。
それはウィルス性のもの。インフルエンザとかですね。

たとえ会社でインフルエンザにかかっている人がいなくても、別の会社では流行っている可能性だってあるのです。

とりあえず気軽にかかるようなことは避けるようにしましょうね。

 

 

まとめ
アルコール
胎盤を通じて胎児に届いてしまうものです。アルコールは赤ちゃんは代謝で排出できないもので、こちらは胎児の発育に影響を及ぼしてしまう可能性があるので、やっぱり控えるようにしましょう。

生もの
均やウィルスへのお可能性があります。特に非加熱や火の通りが中途半端で熱が通っていないもの。

カロリーについて
どうしても外食する機会が増えてしまうっ場合もあります。中なkバランスを整えるのは難しいんですよね。せっかく規則的な生活をしていたのに一気に台無しにならないように、体重増加とともに注意していきましょう。

塩分について
妊娠すると味の好みなどが変わってくるといいます。それがどうなるのかわかりませんが、塩分量が多いものはできるだけ控えるようにしましょう。外食は塩分が多いものが多いので、食べても少しにしておくか、おいしくないですが、薄めて飲むようにしましょう。摂り過ぎは高血圧の原因にもなりかねません。