ヨーグルトは種類が多いので、何が妊婦さんように良いのか迷ってしまうなんてこともあるかと思います。
自分にあうヨーグルトってあります。

 

善玉菌と呼ばれる、乳酸菌やビフィズス菌が腸内で増えるからいいとされているヨーグルト。ちなみに善玉菌と言うのは腸内環境にとって良い菌ということ。

腸内が良くなるということは、便秘解消にいいということなんですね。

 

自分がどの菌があうのかっていうのは、実際には食べてみないとわからないものなんです。ヨーグルトには様々な金が入っていてそれぞれ商品が存在していますし、1つ1つ食べていくのも方法の一つです。そうすると自分にあったヨーグルトというものが見つかってくるもの。

1日1つではなく、1週間から2週間で買えていきましょう。

あ、でもヨーグルトをメインとして考えないで、ちゃんと3食食べることが大事ですよ。ヨーグルトはあくまで補助食品。

 

腸内環境改善にいいもの
・乳糖
牛乳、チーズ、ヨーグルトetc
乳糖(ラクトース)と呼ばれる糖質は牛乳や乳製品に含まれています。コレはオリゴ糖と同じでビフィズス菌のエサになるんですね。ビフィズス菌は善玉菌の一種。

 

・オリゴ糖
バナナ、はちみつ、玉ねぎ、ごぼう etc
乳糖同様にビフィズス菌のエサになります。バナナとかヨーグルトに入れて食べるといいですよ。

・腸にいい菌
ヨーグルト、乳酸菌飲料 etc
ヨーグルトに含まれている菌というのは乳酸菌やビフィズス菌です。これらは腸内環境を整えてくれる善玉菌を増やしてくれるんです。

 

ビヒダス プレーンヨーグルト加糖
ビフィズス菌を元気にするオリゴ糖が入っていて、生きたビフィズス菌BB536というのも入っていて、腸内環境を整えてくれるんですね。味はまろやか。

 

チチヤス 毎朝快調ヨーグルトプレーン
生きて腸まで届くLカゼイ菌とかの乳酸菌にオリゴ糖食物繊維イヌリンがプラスされています。ダブル効果で腸の活動を活発に。

 

ナチュレ 恵 megumi
ガセリ菌SP株とビフィズス菌SP株が入っています。
ガセリ菌SP株は、小腸に長くとどまると世界初で確認されたもの。ビフィズス菌SP株は生きて大腸に届くもの。

 

ダノンビオ プレーン加糖タイプ
BE80は開発期間20年という根気の入ったもの。
胃酸や腸液の中でも生存率が高いので、生きたまま大腸まで届くんです。甘さもちょっぴりあります。

MEIJIプロビオヨーグルト LG21
甘さは控えめな感じ。LG21というのが2500種類以上ある乳酸菌から発見されたもの。これがお腹に優しいんですね。
いの中でもちゃんと生き残っていて、胃を保護してくれたりもしています。

ソフール プレーン
乳酸菌 シロタ株というのはNEWヤクルトと同じです。生きたママ長に届く力は評価が高いです。食感は滑らかでハード。

おなかへGG!
配合されているLGG乳酸菌が生きたまま腸に届きます。正式名称乳酸菌ラクトバチルスGG株。
腸内環境をよくするために良い菌を増やして、悪い菌を減らします。