妊娠中の体重管理ってどうすればいいの?

 

実際には妊娠4ヶ月までは、ほとんど増えなくても問題ありません。

よく赤ちゃんのために、ということでしっかり食べなきゃいけないと思うかもしれませんが、まだ焦らなくてもいいです。
悪阻もありますし、思うように食べれないもの。
食べれるだけマシというかそれだけでいいんですね。

→ 体重増加の範囲はどれくらいまで許される?危険性は?

逆にここであまりに体重が増えすぎてしまうと、あとあとしんどくなってきます。

注意することとしては食べつわりとつわり反動部取りに注意しましょう。

 

 

食べつわりの場合は、食べ過ぎたり偏食になってっしまったりするので、たまに見直すといいです。

→ 食べ過ぎ、太り過ぎの予防で大事なこと

 

なるべくここで頑張らないように、低カロリーのものを食べていくようにしましょう。
つわりが終わると楽になって、ついつい食べてしまいがちなんですね。食べ過ぎ注意報です。
ついでに塩分のとりすぎにも注意です。

自宅で安静を言い渡されている場合は、運動量がいつもより減ってしまって、なおかつ消費カロリーも減るので、太りやすくなります。
なので、食べ過ぎには注意です。かと言って食べる量を減らす必要はなくて、だいたい同じで大丈夫なのですが、気の向くままにチョイチョイオヤツをつまんだりしているといつの間にか太っていたり。

 

やせればいいのか、というとそういうわけでもなく、痩せすぎもよくないんですね。

実際の自分の本来の体重によって体重管理の本筋がかわってきます。

一昔前は妊娠中は太りすぎ注意と言われていました。
でも最近になると元々痩せすぎだった人が体重を増やさずにいることで早産になってしまう問題も深刻化しています。

イロイロと体型によって対策は様々です。

→ 妊娠中の食事と体重管理