朝食が苦手です。夜寝るのが遅いです。これって大丈夫?

 

体重が増える原因の一つです。規則正しい生活をしていき、バランスの良い食事をとっていくように心がけていきましょう。

 

朝食を抜いたり、夕食が遅かったりすると体脂肪が増えます。
食事の間隔が開くことによって、空腹時間が長くなりますよね。そうすると、体のh帽はエネルギーを節約して脂肪の合成を促進しようとするんですね。

 

食事を抜いたりするとかえって太りやすくなるとか言う人がまわりにいたと思うのですが、そういう意味だったんですね。

特に朝の朝食は大事なんですよ。その日のパワーの源となるのでやっぱり食べておくべきだと思います。

どうしても朝起きれなくて食べる時間も食欲もないって人はちょっとだけ、せめて10分でも早く起きるようにしましょう。

何かしら体を動かしているとお腹も空いてくると思います。

朝飯をちゃんと食べることによって腸のぜん動運動というものが促進されるので、実は便秘の予防にもなるんですね。

→ 便秘を治す食べ物

ポイントとしては夕食の時間も大事なんですね。
何がどう大事かというと、これも体重増加につながってしまうのです。
21時移行に食べれうことによって死亡代謝がっ下がってしまって体脂肪が増えやすくなるんです。

そして、食べてすぐ寝るというのもよくありません。これも体重増加につながります。
食べてからはせめて1,2時間置いてから眠るようにしましょう。

 

○夕食が遅い。旦那さんの帰りを待って一緒に食べているから
旦那さんが帰ってくる前に主食、主菜をたべてしまうんです。あとは帰ってきたらサラダとかを一緒に食べたらいいです。
会社で主食を食べるというのも一つです。

○そもそも朝ごはんは食べない
妊娠したということを一つのターニングポイントとして、朝ごはんを食べる習慣をつけましょう。結果的に代謝が上がりますよ。

○まだ仕事をしているので朝食を食べる時間がない。そのうえ夕食は遅い

あまり時間をかけないように調理する方法を探すというのも一つです。

→ オススメのお買い物方法?

→ 食材宅配のオススメはこれ

食事が終わったら、1,2時間開けてから寝るようにしましょう。

 

私は朝食を抜くことが多かったのですが、妊娠して食べるようにしていきました。
夕食の残りとかご飯とか
パンとかフルーツもいいですね。
そうすることによって間食が減ったりしましたよ。