妊娠中には葉酸がなぜ必要なのか?

大切な栄養素で、お腹の赤ちゃんの成長には必須の要素。

 

下肢の麻痺や無脳症など胎児の先天性異常の原因とされている神経管閉鎖障害の発症リスクをさげるはたらきがある、と欧米あたりではかなり前から葉酸を摂ることが推奨されているんです。

日本ではどうなのか、というと、2000年になってやっと、葉酸を妊娠前からでも積極的に接種するように母子手帳にも記載され、厚生労働省からも発表されるようになったんですね。

葉酸を摂るのは食事だけじゃなくってサプリも併せて摂る方法がいいです。

それくらい食事だけでは取りにくいんですね。
推奨されている容量である400μgを毎日摂取していくには、ゆでた大きめのブロッコリー2株を食べなければいけません。これって赤ちゃんが生まれるまでクリアできますか?

葉酸がたくさん含まれているとされている食品は、ほうれん草とかブロッコリーなどの緑黄色野菜です。
生の大きめのブロッコリー1株に含まれている葉酸の量は315μgなんですけど、加熱調理とか洗ったりすることでこれが約37%減少するんですね。
とすると、厚生労働省から推奨されている摂取量400μgを摂っていくには、ゆでた大きめのブロッコリーを2株食べていく必要があるんですよ。
いくら野菜が大好きだって人も毎日それくらいだべていくのはしんどいと思います。

先輩ママたちからも指示されているということで、私はこちらの葉酸サプリを摂っていくことにしました。

見たことある人もいるかもしれませんが、女性100人の声から生まれた葉酸サプリは、妊婦さんたちの要望とか意見を持とに改善改良を重ねて造られたものなんですね。
その辺ってのは結構重要で、歴史が刻み込まれているんだなって思ったんです。

やっぱり妊娠中に食べるものというのは神経をつかうものです。できるだけ余分なものとかは食べたくないですよね。街のあるものとかなおさらです。

妊娠中に大切な栄養素を厳選。
詳しくはこの先のページに書かれているので割愛しますが、妊婦さんに必要とされている葉酸はもちろん、カルシウム、鉄分そして8種類のビタミンが含まれているんですね。

ビタミンCにもこだわっていて、ビタミンCってのは水溶性で溶けやすいとされていて、結局たくさん食べたとしても3時間すると、尿と一緒に流れ出てしまうんです。これってなんだかもったいないですよね。

常時ビタミンCが体にある状態にしておくには、1日に6回~8回に分けて摂っていく必要があるんです。
こうするためには、じわりじわりと吸収されていく徐放性持続型ビタミンCというものが良いんですね。
よくわかっていないんですが、この葉酸サプリにはこれが含まれているということでしたし、これで、体内に持続してビタミンCがはたらいてくれるってことなんですよね。

 

で、つわりの時とかいくら葉酸がいいよって言われていても、においがきついとちょっと…ってなってしまいますけど、この葉酸サプリの場合は問題ありませんでした。
あのなんというか、サプリ独特の臭いがしなかったんですよ。

何もニオイがしないってのは、これはこれで素晴らしいことだなって思いました。
つわりのときなんてどんなニオイにも敏感になってしまってまいってしまいます。女性100人の声から生まれた葉酸サプリというのは、そういった工夫がされていて、特有の嫌な匂いってのがしないんですね。なので、妊娠初期という大事な時期なのにつわりが辛くてサプリが飲めないなんてことは亡くなります。

 

○粒が小さいのがポイント
粒が大きいと飲み込みにくいってサプリメントありますよね。
つわりのときなんてとくに飲み込むのもしんどい割って時ありました。そんな声があったみたいで、発売当初よりは小粒に改良されているみたいです。

 

○国内生産だから安全性が高い
グループ工場で最終工程まで造られています。気になる原材料はすべてオープンにされていました。
口に入れるものってやっぱり気になります。私だけじゃなくって赤ちゃんに届くわけですからね。
できるだけちゃんとしたものを、口にしたいものです。しかもこのサプリって国内のきびしい審査基準をクリアしたグループ工場で造られているんですね。
ということは品質管理、衛生管理がちゃんとしていてるということなんでうsね。あとは原材料が公開されているので、放射能やセシウムとかそういったものが混じっていないかとか分かるんです。
スクリーニング検査も行っているので入っていないということが確認できます。