カルシウムが摂れるおやつは?

なんだかんだ行ってもカルシウムは赤ちゃんのために必要です。
どうせおやつを食べるのであればしっかりと栄養とかカルシウムのとれるものを食べたらいいと思います
私が食べていたもののオススメを紹介します。

■カルシウムせん
ベタと言えばベタな気もしますけど基本です。
配合されている小魚粉末というのが海っぽい感じがしていいです。
ヘルシーで味わいも素直な感じ。
※100gあたり
カルシウム 00mg エネルギー 00kcal
海の風味が小魚粉末によってほのかにかおってきます。

 

■しまじろう ベビーボーロ
子供用なんですけど、お腹の赤ちゃんにもいいという。
北海道の馬鈴薯澱粉(ばれいしょでんぷん)がつかわれていて、無着色、無保存料、無香料で安全です。
カルシウムは1袋で普通牛乳の約45ml分含まれているんです。
※1パックあたり
カルシウム 45mg エネルギー 54kcal
サイズが小粒でいい感じで口どけ感があります。
赤ちゃんが産まれて大きくなってもこれを食べさせたいって思ってました。

■毎日果実
ドラッグストアとかでよく見かけていました。
カルシウムはもちろん、5種類のビタミンやポリフェノール、食物繊維が含まれています。5袋入りで買い置きができます。

※1袋あたり
カルシウム 114mg エネルギー 80kcal
ドライフルーツがパン生地にたっぷりと挟まっています。

 

■まろやかアーモンドフィッシュ(セブンイレブン)
カルシウムたっぷりって感じが見ただけで伝わってきますよね。
瀬戸内海産のカタクチイワシとアーモンドをミックスしたおやつ。
サイズは食べきりものでちょうどいい感じです。カバンにも入るいい感じのサイズ。
※1あたり
カルシウム 144mg エネルギー 107kcal
イワシはなんと黒糖とワインで味付けされています。

■クリーム玄米ブラン<グラノーラ&ベリーベリー>
栄養機能食品。カルシウムに加え鉄も入っています。
1パックに成人女性の1日分のsyホ供物せん伊勢syす目標量の3分の1が入っています。さらに10種類のビタミンも配合されていていろいろたっぷり。

※1袋あたり
カルシウム 238mg エネルギー 175kcal
果物入りグラノーラの生地とクリームのマッチ感がたまりません。

■トップバリュ 鉄分・カルシウム入りココア味&キャラメル味 クッキー
鉄分とカルシウムが一緒に摂れるということで大変重宝していたありがたいおやつ。1個1個包装されているので小分けして持ち運ぶのにもいいです。
※2枚あたり
カルシウム 120mg エネルギー 69kcal
カルシウムと鉄分がとれるとい7うことで重宝されています。

 

■バリバリこいわし旨塩味
お魚スナックなんですが、骨までバリバリパリパリと食べれます。
ノンフライなのでカロリーが控えめです。
しおしおとしていないのであっさりな感じ。
※1袋あたり
カルシウム 220mg エネルギー 50kcal
パリパリなんですが、揚げていないってのがなんともスゴイ。

■Vマークバリュープラス 黒胡麻せんべい
直火でサクサクとした仕上がり。
ゴマって感じでいいです。
国産のうるち米に黒ごまを混ぜ合わせてあります。
※100gあたり
カルシウム 770mg エネルギー 500kcal

■ハーベストセサミ
味わいがあって香りもいいです。
コクもありますよね。
金ごまを使っているのも特徴の一つ。さくっとカジッたら胡麻の香りがほのかにするのは私だけ?
※1袋あたり
カルシウム 14.8mg エネルギー 66.8kcal
ハーベストと言えば薄焼きサクサクビスケット。これしかない食感が記憶に残ります。

■ビスコ<小麦胚芽入り>
小麦胚芽入りクラッカーというのが特徴で、これでバニラ風味のクリームを挟んでいます。
5枚あたり1億個の乳酸菌が入っています。
※1パックあたり
カルシウム 127mg エネルギー 109kcal
昔からある定番。子供だけのおやつかと思ったらそうでもなくて、大人もいけます。妊婦さんはむしろ食べるべし。

◎ポイント◎
エネルギーと脂質が多い乳製品。とりすぎには注意しておきたいところ。
乳製品のおやつってカルシウムが豊富ってイメージですけど、それだけじゃなくって、エネルギーと脂質も高いんですね。
それってどうなるかというと体重増加の原因にもなりかねないんです。
なので、乳製品にこだわらず、カルシウム豊富なおやつを選ぶというのも一つです。
偏らずにバランスよく。