妊娠中の体重管理について

 

妊娠中の体重管理って増えすぎても増えなさすぎてもダメなんですよね。
これってどうやってすごしていけばいいのでしょう?

スポンサーリンク

 

妊娠中ってダイエットをすることはできませんから、なかなか順調に体重を増やしていくというのは難しいんですね。

逆に妊娠中に太り過ぎてしまうと、今度は産後がしんどいんですね。産後太りとか聞いたことあると思いますが、まさにそれです。

 

適正体重をキープしていけるようにしましょう。
BMIを算出して確認していきましょう。
※BMIとは体格指数のことをいいます。

BMI=妊娠前の体重(kg) ÷ 身長(m) ÷ 身長(m)です。
例えば、身長155センチ妊娠前の体重50キロの場合、50÷1.55÷1.55 = 20.81165452653486 ≒ 20.1
普通体型ということになります。

○BMI 25.0以上
ぽっちゃり体型
妊娠前+5kg目標
BMIが25.0を若干超えるというくらいなら、+5キロ程度でいいです。
それ以上に大きいなんて人は個別指導を受けるために通院する必要が出てきます。
妊娠前からの生活習慣を一度見直すようにしましょう。

 

○BMI 18.5未満
やせ型
妊娠前+9~12kgを目標に
BMIが18.5に近いという場合は、10kg位を目標にしましょう。
逆に18.5より大きく下回っていた場合は、12kgを目標にしていきましょう。

 

○BMI 18.5~25.0
普通体型
妊娠前 +7~12kgを目標に
出産までの体重増加はだいたい7~12kgを目標としましょう。

 

 

BMIを基準にって書いてますけど、では、痩せ過ぎてしまうと何がいけないんでしょう?

これは
○赤ちゃんが小さい状態で生まれてしまう可能性が大きい
○産まれてきた子供が生活習慣病になりやすい
というデータがあります。
妊娠中にうまく体重増加ができなくて、少ないままだとすると、赤ちゃんが小さく産まれてしまうリスクが高くなるんです。
産まれてきた時は3000g前後の体重があるのが理想的ですが、低出生体重児が増えている傾向があるというデータが発表されています。
将来的に産まれくる子供が生活習慣病になりやすいというデータも出ています。妊娠中の栄養不足が原因とされているんですね。

 

■逆に太り過ぎの場合は?
難産になりやすい
妊娠高血圧症候群になりやすい
妊娠糖尿病になってしまいやすい

微弱陣痛でお産が長引くともされています。
やせすぎだけではなくて、太りすぎなのもよくないんですね。
太りすぎだと、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病といったトラブルが起きるリスクが大きくなります。