オキシトシンと赤ちゃんの関係は当たり前だった?

 

最近よくオキシトシンという言葉を聞くのですが、一体どういうものなのでしょうか?赤ちゃんに作用するといいことがあるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

以下に特徴をまとめました。

 

1.子育てに関係するもの

  • 出産時の陣痛の促進
    安産への第一歩ですね。n
  • 母性が育つ
    母性が育つので、とても赤ちゃんが愛おしくなります。
  • 母乳の分泌
    母乳が出やすくなり、すくすくと赤ちゃんも育ちます。

 

2.人生を豊かにするもの

  • 他の人を信頼する
    他の人を信頼するようになり、人間関係が豊かになります。
  • 共感する力が育つ
    仲間意識が強くなります。
  • 心が優しくなる
    他人に優しくできるのは、人として素晴らしいことだと思います。

 

3.健康になるもの

  • 痛みを抑える
    精神的にも助かります。
  • 不安感が和らぐ
    精神的に安定している状態になります。
  • 自律神経が整う
    快適な生活ができるようになります。

→ 流産防止の食べ物はこれ

 

オキシトシンって?

別名[幸せのホルモン]と呼ばれているものです。上でも紹介したように、母性や優しさを育てていったり、ストレスに強くなるなど、それがあると幸福な家庭が築きやすくなるものです。

あらゆる効能を書いていくとなんだか神秘的な感じもしますけど、決してそういうものではなくて、実はちゃんと科学的に証明されたものなんですね。

 

 

どうしたら出るの?

オキシトシンはどうやったら分泌されるのでしょうか?
これは普段生活していると普通に出ています。しかし、妊娠とか出産を経験すると、減少したりします。
医療関係の間では、陣痛促進剤の成分として、かなり古くから使用されています。

母乳の分泌に関わっていて、プロラクチンという母乳生成ホルモンの分泌を促進させてくれるんです。

オキシトシンって出産とか母乳分泌へ大事なはたらきをしてくれるってことなのですが、実は最近母性を育むなんてことも明らかになってきているんですね。

 

産まれた直後からお母さんが赤ちゃんを見て、愛おしく思うのもオキシトシンの影響があるとされています。
自分と赤ちゃんを一体化させる働きがオキシトシンにあるとされているんですね。

自分の赤ちゃんが生まれると、とても大事に思うようになって、自分の身よりも大事なってくるというのがオキシトシンの作用とも。
本来であれば、主を保存するものですから、自分自身がいちばんかわいい存在であるはずなのに。

 

これって実は自分の赤ちゃんだけじゃなくって、他の人にも作用して、自分と同じと考えれるようになるんです。なので、相手の立場にたって、気持ちになって考えられるようになるんですね。そうしたことから共感力の高いやさしい人物になっていくんですね。

 

で、仲間づくりにもオキシトシンは、いい影響があるとされています。

人の顔を記憶するということからコミュニティーを気づきやすくなるんでうsね。

これによって社会生活が円滑になって、豊かな人生をおくることができるようになってきます。

 

子あわわせホルモンなんて呼ばれているドーパミンやセロトニンの分泌を促します。これによって、気持ちを安定させることも、幸福感をもたらすことも不安な気持ちを抑えたりストレスに強くなったりと強みを緩和したりする作用があることもわかってきています。

そのほか、臓器や血圧などをコントロールする自律神経を上手に整えたりして、健康な体を作り事に役立つようになってきます。

 

オキシトシンって聞きなれない言葉ですが、ギリシャ語で早く産まれるって意味なんですって。陣痛が起きるホルモンなんですね。

スムーズな陣痛を促すわけですが、それとともに、陣痛によるジタミを和らげる効果もあるとされているんですね。

はやく、大事に産まれてほしいですね。

 

 

 

オキシトシンがないとどうなる?

これまでオキシトシンの話をしてきたわけですが、こういった考えも出てきますよね。

とある実験が行われました。マウスの実験で、オキシトシンを分泌しないようにしたんです。そのマウス同士といったら、いがみ合っているのかわかりませんが、喧嘩ばかりして、子どもを放置したり、紙付き合ったりといいことがなかったんですね。そのマウスにオキシトシンを注入すると、ちゃんと子育てをするようになったんです。あとはそんなに喧嘩もしなくなったんだとか。

 

スポンサーリンク

どうやったら出るの?

オキシトシンっていつどのように出るようになるんでしょう?

 

これて日常の刺激で充分に分泌されるということが最近になってわかってきたみたいなんですね。

昔は女性特有のホルモンとされていて、特に赤ちゃんと関係するときで妊娠や出産、そして授乳の時に分泌するものっていわれていたんです。

でもなんだかんだ言っても最大に分泌されるという時は、妊娠や出産なんですね。

これって妊娠していないときと比べると、妊娠初期はその3倍にもなるんです。そして妊娠後期になると4倍に増加するんですね。

 

赤ちゃんが産道を通るときにはその摩擦の刺激で、オキシトシンは爆発的に増加しまくるんです。これってそれなりに理由がちゃんとあって、出産後に我が子に愛着を感じて子育てを始めるように遺伝子的に仕組まれているんじゃないか、という話があります。

赤ちゃんが生まれてからだんだんとオキシトシンも減っていくのですが、またアップさせるイベントが授乳なんでうS。

赤ちゃんがおっぱいを吸う時に乳首が刺激されて、オキシトシンが再度大量に分泌されるようになります。

 

 

一応は、上でも書きましたが、男女関係なく分泌はされます。これは人と人とのふれあいとか会話などで日常生活で出てくるようになってどんどんと増やせるということが明確になってきています。

なのでオキシトシンを増やす活動というのもあえて積極的にこうどうしていくのもいいでしょうね。

 

赤ちゃんのオキシトシンは?

お母さんのオキシトシンの話ばかりしてきましたが、お母さんのオキシトシンが増えていくと、赤ちゃんへの愛情も強くなっていって、結果的に可愛がるようになります。それによって、子どもの方も親を愛するようになるんでうsね。無条件に。

そうなるとその赤ちゃんにもオキシトシンの効能がまるごと我が子にも移行するようになるんです。

これからオキシトシンの分泌量を増やしていくということは子どもの未来を明るくする8事にもつながっていくんですね。

 

トップページはこちら → 妊娠初期の食べ物:よいものダメなもの