母乳について考える

妊娠中も、もちろん産後も、母乳について考えておく必要があるかと思います。

母乳で育てることを考えているのであれば、産まれてからではなくて、妊娠中から、体つくりを心がけていくようにしていくといいですね。

 

そもそも母乳というのは何からできているものなのでしょう?
それは、お母さんの血液からできているものなんです。

 

スポンサーリンク

 

赤ちゃんさえ産んでしまえば、自然に母乳が出てくる、というとそういうわけでもないんですね。
ちゃんとした母乳で育てる「母乳育児」をやっていくわよ、と考えているのなら、妊娠中からの準備がオススメ。

 

目的は、母乳での育児なのですが、これを目指して体を作っていくことによって、より安産ができる体にも近づいているということになるんですね。1粒で二度おいしいと言った感じです。

 

 

母乳のしくみ

胎盤から母乳の分泌を抑えるホルモンが出ているので、妊娠中は母乳が出ない仕組みになっています。

お腹の中の赤ちゃんが大きくなるに連れて、お母さんのおっぱいの中にある乳腺葉というものも大きくなり、母乳を作る準備が始まっていくんですね。

 

赤ちゃんが産まれると、乳腺葉が血液から栄養分を取り出してきて母乳を生成すようになります。

 

母乳が血液からできているという理由はここにあるわけです。

 

そして、赤ちゃんが乳頭を吸うことによって、溜まっていた母乳を押し出すはたらきのあるホルモンが、脳から発信されて母乳が出るようになるんです。

 

母乳の分泌を抑えていた胎盤が、赤ちゃんとともに外に出てしまっているので、母乳が出ることを抑えるものがない状態になります。

代わりに母乳を出すホルモンがはたらきだすようになります。

 

たっぷりと母乳を出すためにやること

さて、母乳はお母さんの血液からできているということで、どうすれば良いのか、ということになるのですが、
これは血液の回りが良いからだをつくるようにすれば良いんです。
そうすることによって、母乳がよく出るようになります。

 

血液のめぐりが良いということは、お産になると陣痛が来て安産にも良いんですね。
そして、おっぱいと子宮はつながっているので、産まれた赤ちゃんがおっぱいを吸うことによって子宮がもとに戻りやすくなって
お母さんの体の回復を助けてくれるようになるんです。

母乳育児って結構いいこと多くないですか?

赤ちゃんが生まれたあとは、誰でもちゃんと母乳が出てくるというわけではないんですね。難しいところですけど。
全く出ないわけじゃなくて、誰でも母乳は出るのですが、それがたっぷり出る、というわけでもないんですね。

 

そうするためには普段の生活や、体を作っていくことも大事なのですが、このサイトでは食べ物に注目してみたいと思います。

 

母乳に良い食べ物とは?

血液のめぐりをよくする食べ物にはなにがあるのでしょう?

 

いろいろとコスパのいい食材はあります。
必要な栄養素が簡単にとれたり、体を内側から温めてくれる「母乳にいい食材」をピックアップしていきます。
毎日の食生活の中でバランスよく摂り入れていくようにしましょう。

 

旬の野菜

これはよく目にすることがあるかもしれませんし、食べたくなるかもしれません。全然食べちゃっても良いものが多いです。

旬の野菜というものは、風味も栄養価も高くて、その季節に不足しがちな栄養も豊富に含んでいます。生で食べるよりも似たり、蒸したり、加熱して食べるほうが体を冷やさないでいいし、量もとれるので良いです。
冬だと、ブロッコリーはビタミンが豊富で風邪対策にもうってつけなんですね。

 

ほうれん草だと妊娠中に不足しがちな鉄分を多く含むんです。

○ブロッコリー、れんこん、かぶちゃ、キャベツ、ほうれん草。

スポンサーリンク

 

根菜類

体を暖める効果が大きいです。
そして便秘の解消にも役に立つんです。

根菜類は体を内側から温める働きがあるので、妊娠中に積極的に摂りたい食材でうsね。
食物繊維も豊富なので、便秘予防にもなるんです。

大根や株は、カロリーが低いので体重管理にもオススメなんですね。煮る蒸す、汁物に入れるなど、加熱してたっぷり食べるようにしましょう。
これからの季節になると鍋料理なんかに入れて食べるのもいいですね。

○大根、人参、じゃがいも、ごぼう、かぶ

 

■乾き物干すことによって栄養成分がギュッと濃縮されています。
天日干しで、旨味と栄養が凝縮されている食材。
鉄分やカルシウムに加え、ビタミン、亜鉛など、母乳に嬉しい栄養が効率よく撮れます。
例えば干し椎茸のビタミンD含有量はナマのしいたけより断然多いんです。
副菜や汁物などのメニューに活用しましょう。
乾き物は日持ちがする点でもおすすめです。

○かんぴょうう、高野豆腐、切り干し大根、ひじき、干し椎茸

 

■香味野菜
塩分カットに大きく役立ちます。身体も暖まって免疫力も上がり、いい事づくし。
香味野菜は、独特の香りや味がアクセントになって食欲を増進させてくれるだけでなくて、抗菌作用とか免疫力を高めてくれるありがたい食材なんです。

料理に風味をプラスして、塩分カットにも役立ちます。例えば、ネギとかニンニクには疲労回復、加熱したショウガには体を暖める効果もあります。
料理に合わせてどんどん活用しましょう。

○ねぎ、みょうが、青じそ、しょうが、にんにく

 

■発酵食品
血液をサラサラにしてくれます。腸内環境の改善にも役立ちます。

発酵食品は、脂肪を溜まりにくくする必須アミノ酸が豊富。
更に血液をサラサラにするはたらきがある酵素を多く含んでいるので、妊娠中も産後の授乳中にも嬉しい食材。
善玉菌を増やして腸内環境を整える働きもあり。

その他便秘の予防や改善にも効果的です。ただし、塩分が多いものがあるので、毎食するのは避けるようにしましょう。割合で言えば日1色くらいがいいです。

 

○ぬか漬け、黒酢、納豆、塩麹、みそ