ダイエットのためと、糖質制限が流行っていますが、妊娠中の妊婦さんでもそれはやってもいいものなのでしょうか?

 

産後太りの同世代の人達を見ると、ちょっと怖いなと不安を覚えてしまいます。

そうならないためにも、早いうちから糖質制限を考えておくのも一つ、ということもわかりますが、やはり妊娠中の食事制限はよくありません。

 

 

お母さんの方の栄養のバランスが保たれていないとなると、お腹の中にいる赤ちゃんに影響がないわけはありません。

 

とにかく赤ちゃん最優先で、という考えはあったとしても、母体が優先されてしまうので、食事制限や糖質制限をしてしまうと、赤ちゃんに影響が行き届かなくなってしまう可能性は大きいのです。

 

そうなると胎児である状態さえなんとかなればいいのか、というとそういうわけでもなく、生まれてからも影響があるとされています。

 

栄養失調状態をお腹の中で経験してしまうと、生まれてからは、糖分を含め栄養を摂取しようという働きが強くなってしまう傾向にあるとされています。

 

こうなってしまうと、通常の状態でお腹の減っていない状態だったとしても、普通以上に食べてしまうことになり、いろいろと赤ちゃんの状態でリスクが高くなってしまいます。

 

これが生活習慣病につながってしまい、糖尿病や、脂質異常症などの生活習慣病にかかりやすくなるというリスクが高くなってしまうのです。